忍者ブログ

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

OJT終了 & 研修修了

 1日ほど遅くなったけど、3月27日をもってJavaプログラミングの職業訓練が修了しました。



その1日前にOJTが終了してたので、両方についての感想を書こうかなと。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

OJT4週目

開発の最終段階なんだけど、全体の50%も進んでないような感じ。

特にコーディングスキルにばらつきがあるため、不完全なモノが多くて全然結合ができない。
しかも初期の設計が不完全だった為に、あの段階になって必要な機能が発生したりとてんやわんや。

そんなわけで連日連夜終電ギリギリまでの残業となった。

結局、納品日ギリギリになって、追加で機能削減が決定し、なんとか納品。
実際その納品自体も2時間遅れで納品となり、「納期を守れない」という最悪なパターンになりました。

プロジェクト全体を通して何が駄目だったのか?

ボク達よりも前の研修生達も言ってた事なんだけど、「スケジュールを管理する能力が足りなかった」

今回の失敗もコレに尽きる。

全ての作業に期限を設けてなかったから、当初作成した納期から逆算したスケジュールもグダグダになってしまった。


「全ての作業に期限を設け、1つでもNGになれば直ちに報告乃至連絡をするか、別の方法で挽回する」

これができていれば、今回のOJTはもう少しマシになってたんだと思う。

結局、時間はあった。
十分に。

ただ、能力が圧倒的に足りなかった。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

この職業訓練を振り返ってみて

当初職業訓練ってのは、事務系だとかガテン系しか無いものだと思ってたから、Javaプログラミングができる職業訓練がある事自体にまず驚いた。

けど、「所詮職業訓練でしょ」みたいな考えがあって、そのギャップが凄かった。

特に講師陣、全員ITエンジニア出身or現役のエンジニアという事もあって、みなさん恐ろしく勤勉だし、理論的だし、でも公私の区別はしっかりついててオフの時は面白かったりと、素晴らしい面々だった。

研修生側も、今までの中で一番騒がしい連中とのお墨付きを貰えた。

あの研修を通して、ボクはどっか変わったんだろうかと考えてみると、「アウトプット」の能力が大分変わったように思える。

研修を通して、アウトプットを行う機会(スピーチだとか、何かの発表だとか、研修報告だとか)が非常に多かった為、その点が鍛えられたのかな。
もう1つアウトプットに関する事だと、「アウトプットする際のフォーマットを決めておく」 これの重要性がわかった。

その他、うーん、今考えると、研修時間中は全ての事が勉強になってたかなぁ。

特にOJTは凄かった。

ITコンサルタントからシステムエンジニア、プログラマーまでの仕事を受講生オンリーで1ヶ月でやってしまうというもの。(その分規模は小さいし、完成度も低くて良いんだけど)
上流から下流まで、OJTとは言えすべて経験できたのは非常に面白かった。

今日、3月29日にまちなか開業グランプリのプレゼンがあるんだけど、このプレゼンについてもOJTの成果発表で行ったプレゼンがいきてくるだろうし、他にも端々でこういった事があるんだと思う。



単に「プログラミング」を学習するだけの訓練じゃなかった、これが一番驚いたし、面白かったし、楽しかった事だったな。
 その後の打ち上げ

19時開始

21時1次会終了

21時半2次会開始

2時半2次会終了

3時3次会開始

4時3次会終了

4時半麻雀開始

11時半麻雀終了

13時帰宅


結構飲んだはずなのに、財布のお金が増えてるのは麻雀のおかげのようです。

PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form