忍者ブログ

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まちなか開業グランプリ ラスト

 ちょっと遅くなったけど、一昨日、3月29日に『まちなか開業グランプリ』のプレゼンテーションがあったので行って参りました。

結果も既に出てるので、結論から!!


残念でした!



賞金獲得ならず。


詳しくはコッチを

まちなか開業グランプリ


ボク個人の意見としては、やっぱりひいき目に見ても自分の案が一番良かったと思うんだけど、やっぱり審査員の人達から見て「必要性」が感じられなかったみたいだ。
実際に質疑応答の際にこれは言われた。

また既に何度か案としてあがった事があるんだけど、結局その中で何人かが「無線LAN」というモノについてよくわかっていなかったり、必要性というものが感じられなかったりで実現には至ってないらしい。

審査員長が大分大学の助教授(准教授?)の方で、「インターネットのインフラってのは、今度絶対に欠かせないモノだから、今やらなくてもやっぱりあと1~2年もすれば自然と構築されると思う」って言ってた。




あと1~2年って、何を悠長な事を言ってんだ。
こういったインフラでどんどん地方と都市部で差が広がっていくのに、そもそも実際に導入するかどうかを決める商工会とか商店街の組合内で「無線LANって何?」 「何に使うの?」 「自分には必要ないからいらないでしょ」みたいな意見が多かろう中、どうやって1~2年で自然発生的に普及するんだ。




そもそも、公衆無線LANの整備(まぁ今回提案したのは無線LANの使える喫茶店 リナカフェみたいなもの)よりペット系総合店舗の方が商店街に必要だと思われるのが、よくわからない。



愚痴っても仕方ないので、採用されなかった原因を探ってみると。


やっぱり「無線LAN」が使える事によるメリットをもっと全面に押し出せなかったのが問題だったかな。

資料では結構かいてたんだけど、今回のプレゼンではそれほど言葉として言ってないように思う。
どちらかというと、その他の補足説明に量を割きすぎた。

説得の場なんだから、メリット・デメリットをしっかりとアピールすべきだった。
その為にはやっぱ時間をキッチリと取るべきだったなぁ。

時間がなかったわけじゃないけど、キッチリレビューを受けて、プレゼン自体の練習も行うべきだった。



面白い経験だったけど、極めてくやしい。 くやしいのうくやしいのう。





というわけで、大分中心市街地でリナカフェのようなモノを開きたいと考えております。

出資者募集←


PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

無題

Posted by のぞむ  2009/03/31(Tue) 08:52:55 EDIT

上位3人企業の人じゃん。

数の力が働いたとしか思えません。

「社長のプランに一票入れといて」って。

そんな匂いがしませんか?

Re:無題

from MASTER 2009/03/31(Tue) 10:13:42

初コメントありがとうございます。

んー、それも確かにあるかも。
今回ボクはそれをしなかった、とりあえず周りの人達に声かけて、その人達が投票してくれるかもー みたいな感じだったので。

ただ、自分でもっとその辺をプッシュしたり、早い話が1人で100だとか200くらいメールアカウントとって送りまくれば結果は変わったかもしれない。


今回ボクが目指してたのは『グランプリの獲得』だったので、そのオペレーションを純粋に遂行するなら、そういった事は当然のようにすべきだったし、したのかしていないのかはわからないけど、今回受賞された人達がそういった事を行ったとしても、それは一つの目的を達成する為の手段を淡々とこなしただけで、その辺やっぱり詰めが甘いのは自分の方だったのかなと思う。

やっときゃよかったよ。

Comment Form