忍者ブログ

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プラネテスがBDで出るよ

プラネテス (1) (モーニングKC (735))

著:幸村 誠


さて、プラネテスである。

以前にも書いたけど、ボクは宇宙が好きなんですね。

というわけで、自然と宇宙を舞台にした漫画も大好きなわけでして、その中でも特に大好き、ベストと言っても過言じゃいのがこのプラネテス。

プラネテスのどこがここまでボクを夢中にさせるのかというと、1つはリアリティ

プラネテスの舞台となってるのは2075年以降の地球or宇宙、宇宙開発が進み、人類が海外旅行へ行く間隔で宇宙や月へ行けるようになってる世界。
それだけ宇宙開発が進むと『スペースデブリ』っていう、宇宙空間を漂うゴミが問題になってくるわけです。
(何が問題なのかさらっと書くと、見た感じフワフワと漂ってるゴミってのは実は時速十数万kmとかで動いてて、そういうのが人工衛星とか宇宙船にぶつかるとそれだけで一発アウトなのです)

そういったゴミを回収、すなわち ”宇宙のゴミ掃除屋” をやってるのがこのプラネテスの主人公達。


と、まぁこんな感じで近い将来で確実に現実になりそうなモノが舞台になってるってのがボクのハートを鷲づかみにしちゃってる。

単に近未来設定で言うなら『攻殻機動隊』もかなり好き。


どうしてこんなに夢中なのか、その2『絵柄』

漫画家さんの画力と、漫画のおもしろさは比例しない。
(そもそも、上手い下手の基準自体も曖昧)

ただやっぱり自分の好みの『絵』っていうのはあるわけで、好みであればあるほど感情移入がしやすい。
プラネテスの幸村誠さんの絵はボクの好みに合致してるようです。

と、いうわけでボクの大好きなプラネテス、TVアニメ化されてて一時期NHKでやってたんだけど、ブルーレイで発売される事になったようで。



これは買う、買わねばならんホトトギス

(原作とアニメじゃ初期設定からしてかなり違う部分があるんだけど、両方オススメでございます。 コミックのほうなら全4巻だから、さくっと知りたいならそっちがオススメ)
 ブルーレイって凄いよね。

最近TVをフルHDの液晶にしたので見てみたんだけど、驚くしかないくらい綺麗だ。



ブルーレイ+フルHD で、1回は観てもらいたいアニメがある。

イノセンス

2005年かな、それくらいに公開された攻殻機動隊シリーズのアニメなんだけど、ブルーレイの凄さを体感するならこのアニメしかないんじゃないかと思う。
是非是非
PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form