忍者ブログ

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月31日の「クローズアップ現代 あなたの寄付が社会を変える」を観た

NHK クローズアップ現代 あなたの寄付が社会を変える

ちょっと遅くなったし、仕事の都合で最後まで観る事ができなかったんだけども。

正直、寄付云々よりも、番組に出てきた「NPO」というモノに対して色々と思うことがあった。
(番組に出ていた個別のNPOのことじゃないです、NPO全てね。)

NPO(特定非営利活動法人)についてWikipediaで調べてみるとこんな事が書いてた

資金難

欧米では数万人、数十万人単位の会員の支援や、多額の寄付金を受けて活動している団体が少なくない。しかし、日本ではまだNPO活動に対する国民の理解が低く、活動会員(団体の活動者として登録、会員名簿に記載されるメンバー)の支援(会費、役員の負担)だけで活動ができている団体は極めて少ない。また、政府や民間の助成財団からの助成金はほとんどの場合用途が活動経費のみに制限されていること、寄付免税など税制優遇措置の適用が制限されていること、金融機関からの融資が得にくいことから、多くの団体は財政面で苦心している。


(引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E9%9D%9E%E5%96%B6%E5%88%A9%E6%B4%BB%E5%8B%95%E6%B3%95%E4%BA%BA

番組でも言われていたけど、「ほとんどのNPOが活動資金のほとんどを寄付に頼っている。 それでも足りない分は会員が自費でまかなっている」らしい。

これがね、俺には問題だと思うんだよね。

実際NPOやってる人達の殆どが俺にはマネできんくらい高い志を持ってやってると思うんだ(中にはそうじゃない人もいるみたいだけど)。
他の人がやりたくない、やっても利益が得られないような事を自ら率先して、中には私費を投じてまでやっちゃうんだから、到底マネできんわ。

でも、こういう事を『無償』でやっちゃう人達がいるから、NPOの財政難なんてことが起きちゃうんだよ。

そもそもNPOってお金を貰ってもいいのに、どうして無償でやっちゃうのかなぁ。
そりゃ、利用する側からすれば無償のほうが良いんだろうけど、それで活動が続けられなくなったら本末転倒じゃない。

NPOの特定非営利活動法人って名称もなかなか罪作りな名前だと思う。

この名称を見て、NPOに詳しくない人だったら『非営利』って部分を見ただけで「あー、ボランティアの団体かな?」って思っちゃうよ。
俺なら思う。

「このイメージ+寄付に頼ってる」=NPOはお金とっちゃいけない

みたいな図式を頭の中に描いてる人は少なくないはず。
俺はこの番組を観ながらTwitter上で

makoto0512: 100人に聞いてみろ、103人くらいが「え、NPOってボランティアじゃないの?」みたいなこと言うでw #NHK

って言ったけど、強ち冗談でもないと思う。



というわけで、日本のNPOの中の人達は自分達が納得のいく活動ができる分くらいはお金は貰っても良いだろうし、貰って然るべきだと思う。


PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form