忍者ブログ

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仕事=時間の切り売り

 はてなのホッテントリにあった 合言葉は「クラス全員皆勤」 一宮商で2年連続達成 千葉 に違和感を感じた。

活動そのものには何ら文句のつけようがないんだけど、担当教師の考え方、特に


 「社会に出ると、少しぐらい体調が悪くても仕事を休めない。学校で休まないことを身につけさせたい」


これには違和感を感じずに居られない。

ダンコーガイも言ってるけど、その為に有給ってあるんでしょ。
ボクが前居た会社は労組が強いおかげで有給ってのは存分に取る事ができたんだけど、一般的にはそうじゃないみたい。

結局はこの先生自身が「仕事=自分の時間の切り売り」だとしか考えてないからこうなってるんじゃないのかな。
会社っていうのは利益を出せば社員が何時間働こうが問題はないはずなんだけど、そういうマインドがない雇用者と被雇用者が多いように思う。
社内の風紀が乱れないよう一定のルールは必要だけど。)

その辺、これから啓蒙していかないといけないはずなのに、教育者がこれから社会に出ていく学生達に対して率先して「仕事を休む事は悪だ」みたいな(実際そんなつもりで言ってないにせよ、「仕事を休む 有給を消化する=あんまりやっちゃいけない事」って考える生徒は多いんじゃないんだろうか)教育をするのは非常にまずいんじゃないの。



有給を取らせてもらえない職場演習をやってどうするんだ。
PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

皆勤賞の記事に思う

From 文理両道 2009/04/22(Wed) 20:00:16

 <合言葉は「クラス全員皆勤」 一宮商で2年連続達成 千葉>〔asahi.com(朝日新聞社)〕という記事が、はてな村で総スカンを食っていることに関連して、小飼弾氏が、「news - 学生にも「有給休暇」を!」〔404 Blog Not Found〕という記事を書いていた。  これに関して私も感想を少し述べよう。実は、私は学生時代、学校へ登校することに対してはそれほど重要視していなかった。特に卒業式などは、絶好の休み時とばかり、3年間1回も出席したことはない。(「時空の流離人」の記事参照)  小飼氏は...

Comments

Comment Form