忍者ブログ

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

株主格差

どうしても気になるんで書いてみる。

旧ライブドアホールディングス(現 LDH)に対して、既存の株主達(って言っても殆どがファンド系なんだけど)が1株に対して6500円の配当を今月26日に開かれる株主総会で要求するらしい。


06年のライブドアショック以降、今までのアクティブな経営から極めてパッシブな経営へシフトしたようで1300億円にも及ぶ内部留保をため込んでいたようで、その半分にあたる680億円を今回の配当要求で株主に還元させるというお話。


このニュースを観て真っ先に思い浮かんだのが「今も個人筆頭株主であるホリエモンはどれくらいの配当を貰えるんだろう」って事。

ライブドア680億円配当案 1株6500円 「株主の要請」 - MSN産経ニュース


これによると
/*

LDHの株主は平成20年9月時点で、元社長の堀江被告の約17%を除くと、筆頭株主のハイブリッド・キャピタル・セカンド18%をはじめファンドや外資系金融機関で占められている。

*/

との事なので、680億円の17%はいくらかというと、115億円


凄いなホリエモン なんて思ってたら落とし穴があった。

/*

ただし今回、堀江被告に配当はしないという。

*/

なんて事が書いてある。



「は? そんな事できるの?」 って思ったのが第一印象。


ここから先はかなり個人的な推察とかも入るので確実性は無いけど、ボクはこれは出来ないんじゃないかと思う。

株式の種類によっては議決権を持たせない株式を発行したりって事ができたはずなので、配当を貰う権利のない株式とかを発行しておけば可能だろうけど、創業社長であったホリエモンの所有してる株式はおそらく普通株式のはず。

何も制限等がないので、一般の株主と同じ権利を持ってるはず。


もう一つ、「株主名簿に堀江貴文の記載がない可能性」

簡単に言うと、株主としての権利っていうのは株式を発行している会社の株主名簿に株主の名前がないと権利も発生しないのである。

ただこの株主名簿って新しく作ったりじゃなくて、追記していくはずだから、これも創業社長であったホリエモンの名前が載っていないって事は考えにくいんじゃないかなぁと思う。




で、あるなら、いくら旧ライブドアの経営に大ダメージを与えた人間(本人は否認してる)だとは言え、ホリエモンにだけ配当を行わないという事が可能なんだろうか?

無理なんじゃないの?


今後の行方が激しく気になる次第である。

PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form