忍者ブログ

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

KeyHoleTVの続き

 このあいだ書いた『KeyHoleTV』 

このエントリーを書きながら

「これでまぁ有事とか、天災が起こっても情報の発信も取得も昔に比べて楽になるんだろうなぁ」

なんて事を考えてた。



丁度いま、北朝鮮の『人工衛星発射』に関する事で周辺各国の間に緊張が走りまくってる、もしこれがまかり間違って開戦なんて事になった、おそらく日本の本土も戦場になるだろうと。

そうなった場合、過去の大戦との決定的な違いが、情報が特定の機関から配信されるものを受け取るだけじゃないってところ

だったんだけど、いざ有事となった際、『インフラはいったいどうなるんだろう?』と考えると、このシステムが瓦解してしまった。


結局、個人がいかに情報を発信できるようになったからと言って、インフラはお上(正確にはお上の息がかかった企業)が握ってるわけで、有事の際にこれらのインフラがダメージを受けたりすると、残されたインフラをそのまま個人の分まで残しておくかと言われると、おそらくそうはならない。

結局今まで通り情報を発信してきたTV局、ラジオ局が優先してそういったインフラを使うだろうし(無線に関しては個人はおいそれと使えないしね)、トラフィックとかが増大してくると民間の回線(有線無線問わず)を自衛隊だとかが接収する可能性もあったりするだろうし

そうなると結局は昔のままなんだろうか。

PR

あまりに魅力的な場所

 ボクにとって、今この命をなげうってでも行きたい場所が『宇宙』

宇宙飛行士というよりは、民間旅行者として宇宙へ行きたい、その思いが強い。



いつからこの宇宙に惹かれるようになったんだろうかと思い出してみると、これが全く出てこない。
SF小説などよりは、映画からの影響が強いんだろうけど。

とにかく大きい、とてつもなく広大な空間というのに惹かれまくってるんだと思う、無神論者に近い人でも一度宇宙に出ると急に信仰心が芽生えるなんてのも、そのあまりの広大さによるものじゃないかとすら思ってしまう。


さっきNHKで
宇宙飛行士はこうして生まれた ~密着・最終選抜試験~


なる番組をやっていた、宇宙飛行士になるための試験、その最終選抜試験に密着した番組。



度胸星 1 (1) (KCデラックス)

著:山田 芳裕
参考価格:¥1,200

この漫画も宇宙飛行士と、それに至るまでの過酷な試験内容を題材にした漫画。

宇宙を題材とした漫画ではかなりオススメ


番組中、宇宙飛行士に求められる資質で 「ストレス耐性」 「コミュニケーション能力」 等々色々あったけど、やっぱり全てにおいて優先されるのが「リーダーシップ」

宇宙飛行士なんてエリート中のエリートな感じがプンプンするので、当たり前といえば当たり前なんだけど。


面白かったのは、今回日本のTVとしては初めてNASAでの面接に入る事ができたということ。

面接内容だとか、雰囲気だとかがまるわかりでした。

やっぱり日本の面接とは全然違った、面接官5~6に対して、受け手は1なんだけど、みんなすごくリラックスして、軽いミーティングのような面接だった。
(お菓子とか飲み物もあったしね!)

新卒採用面接だとかはさすがにそういう雰囲気になるわけにはいかないだろうけど、面接を受ける立場としては全体的に柔らかい雰囲気の中で受けたいってのが本音。
ああいう風土はやっぱり羨ましい。

(一定の緊張下で一定のパフォーマンスをあげるのを確かめるって目的なら、今の形式張った面接もありなんでしょう!)



なんか全体的にぐだぐだなのでまとめると

1.NHKで観た宇宙飛行士の選抜試験の番組が面白かった!

2.ボクは宇宙が好きだよ、ついでにオススメの漫画もどーぞ!

3.NASAの面接が羨ましかったよ! あとやっぱり「リーダーシップ」って重要だね!


この辺かな。
 

スウェーデン式 アイデア・ブック を読んだ

 
アイデア・ブック スウェーデン式

著:フレドリック・ヘレーン


アイデアを出すための30の小さなエッセンスが詰まった本

北欧調の表紙デザインに惹かれて買ってみたら、思っていたよりも実用的な内容でビックリした


1つの章の最後にアイデアを出す為の「お題」が用意されていて、丁度全部で30個あるので、1日1個として、1ヶ月で全てやり終えることができる。


ユニークな問題も結構あり、「レンガ1個の使いみちを15分で50通り考えて」なんてのは非常に悩んだ。
(まっさきに思い浮かんだのが 殴る為の道具として使う だった)


アイデアっていうのは、自分が大した事ないと思ってても、人から見れば「それって良いじゃん」って思うものが結構あるようで、そのためには定期的に自分のアイデアを誰か他人へアウトプットする必要があるんだろうなぁ。

そういえば昔は「アイデア」というのが、どういうものか良くわからなかったけど、最近になってやっと「これがアイデアだ」って思えるようになってきた。
いったい何が変わったんだろうかね。